2007年03月30日

ブラックネオン君の春

春は恋の季節・・・ですね。
お魚も魚
blackneon_female.jpg
おととい、おなかが下に垂れ下がったブラックネオンテトラを発見!!
「もしや?」と思い、ウィローモス置き場にしていた浅型水槽を、産卵&稚魚向けベアタンクに急遽改装。
10W以上100W未満のヒーターと、ウィローモスの束と、底砂を敷けない代わり?の水草の写真のついたスクリーンをゲットすべく、下の娘と大工町のこだいらさんへ直行。

テトラについて、産卵含めていろいろネットで調べたところ、テトラはメスがオスより体が一回り(以上)大きいことと、テトラはおなかの大きな個体を一妻多夫にするとよく産卵することがわかりました。

ウィローモスを水洗い後に浮かべ、水草柄スクリーンを貼ったら、おなかの大きなメス(「フィッシュ」と下の娘が命名)と、オス(1匹しか確定してない)2匹を、浅型水槽へ。

おなかの大きなフィッシュは、しばらく水平に泳げませんでした。
blackneon_sanran.jpg
フィッシュは、昨日の昼ごろにようやく、水平に泳げるようになりました。
「普通に泳いでる」と思ってジーッと見ると、おなかの下がり具合も普通、平たい体型に戻っていました。
残りの2匹(名前:ブラックとアワ)と一緒に、40cm第1水槽に戻しました。

生まれるのかなあ?タ・マ・ゴ揺れるハート
生まれるといいな。
tetra_forbreeding.jpg
浅型水槽では、しばらくブラックネオンJr.の成長を見守ります。
卵水槽のスペック

ニックネーム ゆうこ at 08:14| Comment(4) | TrackBack(0) | テトラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月28日

舞うコリドラス♪・・・ただ舞ってたのでなかったかも

先週末、水槽の編成替えをし、今日はろ過装置のフィルター交換。
一瞬だけ、ろ過器内の汚れが逆流・・・ゴメンふらふら
先端のスポンジも、一度飼育水内で絞った後で新しいのと交換。
ちょっとすると、汚れは気にならなくなりました・・・水は、どことなく黄色いんだけど。

そうしたら、面白いものが撮れました★
コリドラスファンにはたまらないわーい(嬉しい顔)
舞う?コリドラス

近々、雨が降るのかしら?
昨年秋にも、雨の数日前〜前日に、昼間から上層まで出てきてビュンビュン泳いだことがあったんで。



・・・なんてのんきに構えてたら
ニックネーム ゆうこ at 09:17| Comment(2) | TrackBack(0) | コリドラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月27日

小型水槽にたくヒーター

私も、60cmなどしみじみとした大きさの水槽を置けない住環境なので、ヒーターにはほとほと苦労してます。

うちで最大の水槽が、Lサイズ。
他は、Sサイズや、「カメセット」として売っている、Sサイズと同じ幅の浅い水槽。
昨年、卓上水槽に憧れた上の娘が、幅15cmの縦長コンパクト水槽を買って、少しの間ネオンテトラを飼ったことがあるけれど、間口15cmの水槽につけたヒーターが、これ。

$テクニカルフェライトコントローラー内臓 エヴァリス プリセットオートヒーター10$テクニカルフェライトコントローラー内臓 エヴァリス プリセットオートヒーター10
おすすめ度 :
コメント:「こういうのを探してた」という一品。これでSサイズより小さい水槽でも熱帯魚を飼えます(^^♪


私は、地元の(観賞魚メイン)ショップでたまたま見つけて買ったけれど、平たくて、管むき出しでないところが一番気に入っています。
熱帯魚は、最少でもSサイズの水槽に住まわせたい・・・けど、やむを得ない時だって、ありますよね。
できる範囲の適材適所で、楽しくアクアリウムをできたらいいな・・・と思います。

ちなみに、この上のスペックのヒーターは、30W、50W、100W・・・と続きます。形状は棒状です。四角いのは10Wだけ。

第2水槽を作る
ニックネーム ゆうこ at 05:53| Comment(7) | TrackBack(0) | アクアリウム全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

ゼオライトとエビの不相性の謎

$有害なアンモニア・亜硝酸を素早く無害化!! 水作 バイオ プラス ゼオライト
(画像は参考資料です)

水槽セットして、水草を植えて、お魚を待つ時、「アンモニア生成量を少なくして、お魚たちを長生きさせたい」と願うものです。

ホームセンターや観賞魚屋さんに行くと、ゼオライトが「活性炭を超えるアンモニア吸着力」とか「白濁り、流木のアクとりにも効果」などのキャッチコピーとともに売っています。

どこまでも透明な水に憧れて、ゼオライトを買い、外掛け式フィルターのろ過剤入れ場に入れてみます。
すると・・・

どうも、ヤマトヌマエビが調子悪いもうやだ〜(悲しい顔)

ゼオライトをやめて備長炭に変えてからは、それなりに元気に過ごせているのですが。

横幅15cmの細い水槽に、ゼオライト入り外掛け式フィルターをつけて、ネオンテトラを飼ったことがありますが、彼らはバタバタ死んでいくことはありませんでした。
水槽の置き場所は、2階西側の子供部屋の机の上。3ヵ月ほど机の上で観察しましたが、水草も、ウィローモスやバコパがそこそこに育ちました。
petit_tank.JPG

「使い方次第では関係ない」との飼育日記もあれば、「エビは地獄を見る」なんて日記もあったりして。
まあ、yukoのヤマトヌマエビ飼育実績に関しては、ゼオライト入りろ過剤を使った水槽では、やっぱ調子悪かったです。

今回、株分けした水草や、昨年植え込み(=石などに活着させる)きれなかったミクロソリウムを、30cm水槽で育てることにしたのですが、その水槽のフィルターのろ過剤が、活性炭+ゼオライトです。
そのまま水槽セットにつなげるお魚を入れるか、あくまでタンクメイト的に少し入れるか、そして魚種も大いに迷います。
エビがいると、スネールが未然に防げて最高!!なんだけど・・・

ニックネーム ゆうこ at 01:53| Comment(5) | TrackBack(0) | エビ一族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

はじめまして

水戸で観賞魚に囲まれて暮らしている、yukoです。
goldfish.JPG
おさかな飼育歴は、5年をちょっと超えた位。
始めは、金魚(小赤)でした。
水草やろ過装置をきちんと置いた水槽を始めたのは、2002年4月からです。

「ペットメインのコミュ」とうかがい、アセラに引っ越してきました。
家旧宅

金魚の他には、ザリガニ、グッピー、コリドラス、テトラ類などを飼ってきました。
englishfreak-2006-08-25T07_52_07-1.jpg
昨年夏は、カブトムシのつがいも飼いました。
秋に卵を産んで、2代目たち(幼虫)が下の娘のクラスで飼われています。

この春小学校を卒業した上の娘が、卒業記念樹でグミを選びました。
そちらも育てなければ・・・

子育てさえもアップアップしてるのに、ペットや植木まで育てようとする、ある意味無謀な主婦の観察日記です。
応援よろしくお願いします。


ニックネーム ゆうこ at 14:26| Comment(2) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする