2007年04月28日

ブラックウォーターを点ててみる

おとといから昨日かなあ・・・不自然におなかのふくらんだネオンテトラを1匹確認しています。
餌食いは落ちてませんが、ネオン水槽は餌ストップしてみて満腹か抱卵かチェックしようと思います。

「まさか」に備え、ブラックウォーターを点て始めました。
昨日は何か虫が騒いで、100円ショップでピートモスをゲットふくろ、現在"アクア用品用鍋(→注:ありあわせの未使用鍋、使わない時は物置にしまいます)"で夜中ですが怪しく煮沸。
水から弱火でコトコト1時間いい気分(温泉)喫茶店
boiling_peatmoss.jpg
ここを参考に作りました。

ブラックネオン君薬浴リハビリ水槽(下の写真:4/14撮影)は、小さく建て替えて・・・fishicu.jpg

おなかのふくらんだネオンテトラは、今朝は見慣れた姿、おなかも平らでした。
まあ、「空振り」ではあったけど、ある意味ホッとしました。
pHその他のテストをしてないんで・・・
ピートモスを煮込んだところで、お魚の住める水になったわけではないし。

採卵や繁殖に使わなくても、水草のコケ防止や新しく買ったお魚の検疫などに気楽に使っていこう。

ニックネーム ゆうこ at 07:50| Comment(4) | TrackBack(2) | アクアリウム全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月27日

訃報

今朝起きて水槽チェックをしたら、白コリがまた1匹死んでいました。
それも、穴倉(注:セラミックシェルター)の中で・・・
shirokori_in_tunnel.jpg
白コリがもぐってはなめ回して遊び、白コリがやってくる前は特に「強いエビ」のアジト?!だった穴倉で・・・

"穴倉(セラミックシェルター)"を水槽から取り出してみると、アヌビアス・ナナが活着してない!!
輪ゴムで止めてたから落ちずにすんでただけでした。
そしてさらに、内側を水洗いしてビックリがく〜(落胆した顔)tunnnel_inside.jpg
---外装はすべて塗装でした・・・ふらふら
アヌビアス・ナナが活着しないのに、表面は何となく緑に苔生すんです。だから、エビがほじり、コリがなめる・・・
かくれんぼ好きなコリが、さらに内側をつついて塗装をはぐ・・・

ラミーノーズ君には「ほじる」「なめる」習性がないから、大量死を免れている(4/13に病気にかかって隔離した1匹は、4/26に薬液除去中に力尽きました)・・・

もしかすると、エビも同じ理由で落ちたかな?


水槽内の人造アクセサリ(特に彩色済み製品)の恐ろしさを、身を持って学びました。
ブログに記録することで、エビとコリたちの供養に代えますもうやだ〜(悲しい顔)


ニックネーム ゆうこ at 23:05| Comment(2) | TrackBack(1) | コリドラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月25日

デカい(^O^)荒い(>_<)白コリトリオ

白コリトリオです。
…多分メスが最低1匹います。
何か体バカでかいし(^_^)v
腹びれ丸っこいし。
ずんぐりしてて、体長も長い。群れるよりもボテーとたたずんでます。
shirokori_up.jpg
…おととい840円/5匹で迎え入れて、昨日だけで2匹死亡確認、埋葬しました。
2匹の死因は、1匹が「ベストプレイス争奪戦」に敗れて頓死、もう1匹がスポンジフィルターの隙間にはまっての圧死でした(T_T)

…合掌…チーン(;_;)

akakori_up.jpg
ネオンテトラ水槽でふしゃふしゃ群れている赤コリとは、体型も性格も違います。
赤コリ君はスラッとしてて、細長い腹びれ。最低1匹はオスがいます。

上の娘は「白コリは改良品種だから群れない?」なんて考えて、下の娘は「白コリは怖い(-.-;)」と…

私は原種寄りだけど、白コリは少数飼えば1匹でヤマトヌマエビ3匹分くらいコケ掃除を頑張りそうです(^w^)

shirokori_in_tunnel.jpg
アヌビアス・ナナをつけたセラミックのトンネル(「シェルター」の名で売ってました)が、白コリたちには人気の場所みたいですわーい(嬉しい顔)


ニックネーム ゆうこ at 14:46| Comment(5) | TrackBack(0) | コリドラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月24日

アクアリウム5周年記念特別企画(2)

今回は、昨年までどうも成績悪かった水草たちの特集です。

☆ウィステリア☆
water_wisteria.JPG
昨年、グッピー挑戦中に、「本当はスプライトがほしかったけど、なかったからこれを植えた」という代物です。
名前を覚えるまでは、「スプライトと似て非なるもの」て思ってました。
水面すれすれまで伸びてると、「何とか殖やしたい!!」と思って、水替え時に株分けなどに挑戦してみたりもしました。
water_wisteria.JPG
・・・が、ウィステリアは、光量がかなり要るみたいで、なるたけ草丈を高く保ってないとどうも成績悪く、みるみる矮小化します。。。
昨年は3ヶ月以内にヤマトヌマエビ君の胃袋に納まりましたもうやだ〜(悲しい顔)

今年は、「なるたけ草丈を高く保つ」に気をつけて、半分ヤマトヌマエビ君のおやつ覚悟で、ネオン&赤コリ邸に植えました。
wisteria2007.jpg


☆カボンバ☆
kabomba_in_2ndtank.jpg
金魚コーナーに四角いバットに横たえて売ってたり、時にはビニール袋に詰まって売ってることもある、おなじみの廉価水草です。
なんたって「キンギョモ」て和名だし・・・
でも、安くて手軽に手に入る割には、なかなかきれいに育たないのもカボンバ。
植え込む前には、バケツの中で板おもりをはずしてばらして、水道水で振り洗いを数回・・・
kabomba2007_1.jpg
痛んだところを切り取ってから、水草粘土で束ねて・・・
kabomba2007_2.jpg
---やっと植え込みです。

現在、ラミーノーズ君(昨日から白コリ君、オトシン君も来ました)のいるMサイズ水槽に植わっています。
上のほうはよく伸びてて安心したものの、よ〜く見ると下のほうはヤマトヌマエビ君に食べられてる・・・

ま、アナカリスを新芽だけ食べられるのを防ぐために入れたんで、いいんだけど。
ヤマト君たちよ、同じ食べるなら、全部きれいに食べておくれ顔(汗)



ニックネーム ゆうこ at 06:24| Comment(7) | TrackBack(2) | 水草栽培? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月22日

とりあえず、近況報告

大分間が空きました。
我が家の魚君も、水陸の植物も、それなりに元気にやってます。

あくまで経験則ですが、水草…アマゾンソードは、小さい水槽にたくさん植えると成長に差が出るようです(*_*)
株が弱るとエビ&赤コリのオヤツになるしm(_ _)m

いろいろ考えて、子供部屋にもう一本水槽張りました。
上の娘が、「ベタ」リベンジをしたくなったようなのです。
(詳しくはこちら)
…それだけならわざわざ水槽張らないけど、手持ち無沙汰になったウィローモスと弱ってきたアマゾンソードをどこかに植え込みたい私と利害関係がうまくかみ合ったもんで…(^◇^)┛

2階の水槽(Sサイズ)の制作費は、生体除いては約2500円。
内訳は、ろ過装置フィルターの替え、温度計、水草肥料、流木、ウィローモス(ブラックネオン君の採卵の残り)、あとは手持ち品です。


ニックネーム ゆうこ at 08:12| Comment(6) | TrackBack(2) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月14日

レアになっていくのか?赤コリ

今年、観賞魚屋さんやホムセのコリドラスの水槽を見て、思うことがあります。
高級魚中心に置いているお店よりも、廉価なおさかなも置いているショップや、ホムセではこの傾向強いかなあ。

それは・・・
(●^o^●)___●●赤コリ●●5匹___
赤コリがいない。

代わりに・・・
(●^o^●)___●●白コリ、パレコリ、赤コリ●●15匹___
赤コリ白コリがなんか多い魚

昨年は青がやや少なめで、赤も白もだいたいおんなじくらいいたのに。
今年はなんで白だらけなんだろう????

「赤コリは地味であんまりかわいくなくて・・・」て意見もどこかで聞いたけど、私、赤コリの地味でっぽいけど廉価でタフなところがたまらなく好きなんだなあわーい(嬉しい顔)


改良種が圧倒的に強いおさかな・・・といえば、まずメダカを思い出します。
今、お店で買う「メダカ」は、圧倒的にヒメダカ。
☆ 大メダカ ☆ ヒメダカ・エサメダカ  めだか 100匹800円(単価8円)税込 神戸レア
現在「グリーンウォーター」用に止水飼育しているメダカ君(ヒメダカ)は、5匹150円でホムセでゲットしたものです。

黒メダカ(ワイルド) 150匹 ★龍水園★
クロメダカ・・・今では高級魚って感じします。

ニホンメダカにも、アルビノいるし(お店で見かける数は、ヒメダカ>クロメダカ>アルビノ・・・て感じだけど)。
丈夫なアルビノメダカ10匹 ☆オッケー フィッシュ・ファーム☆

赤コリ(=アエネウス)以外のアルビノ・コリドラスも出てきてるようだし・・・今はコリたちにとって、アルビノが生まれやすい時代なのかなあ???


ニックネーム ゆうこ at 05:32| Comment(5) | TrackBack(0) | コリドラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

アクアリウム5周年記念特別企画(1)

今年でアクアリウムを始めて、5周年を迎えることができました。
「金食い虫」と心のどこかで思いながら、「主婦が金かかる趣味ごとを持つとは何事?!」と自問自答しながら、「生き物を大切に世話する実践を見せてくれてありがとう」との学校の先生や子どもたちの応援を心の支えに、できる範囲の水槽を作り、いろんなおさかなたちと水槽越しに交流?してきました。

電装つきのアクアリウムの歴史は、私にとっては水草栽培の歴史でもあります。
植えたら植えっぱなしでなく、これもできる範囲で殖やして育ててきました。中には食料と化したものもあったけど・・・

水草は、水槽に植えたものが主ですが、屋外用まで含めて、これまでに育てたものをもれなく記録したいと思います。
ここのところ激務なので、リアルタイムでの飼育日記を上げるのが難しいです。
なので、しばしの間、ネットに来られた時に書けるアルバム形式にします。
yuko's 水草アルバム ぱーと1
ニックネーム ゆうこ at 05:09| Comment(6) | TrackBack(0) | 水草栽培? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月05日

ブラックネオン君の赤ちゃん♪

blackneoneggs.jpg
おとといの朝、ウィローモスをどけて、(たぶん)ブラックネオンテトラの卵水槽を、上から見てみました。

先週木曜に産卵を確認したんで、昨日はだいたい6日目。
ふ化したかしないか・・・の微妙なところ。

底砂なしにしても、水槽の底が黒いんで、稚魚がいるのかいないのかもわからない。
拡大してみても、なおわからないもうやだ〜(悲しい顔)
blackneoneggs_large.jpg

ライト付き虫めがねで水面を見たら、「先っぽが光る透明なもの」が水面をちらっとうごめいた・・・揺れるハート
わくわく顔(イヒヒ)

自分では判断できないので、子供の習い事の送迎ついでにこだいらさんに寄って、状況をお話ししました。

すると、「先っぽが光る透明なもの」は、稚魚とのこと!!!
テトラの稚魚は、小さくて、かつ体色が透明なんで、虫めがねでないと見えないようです。

稚魚水槽の水替えの仕方と、「グリーンウォーター」の作り方も、ブリーダーさんに教えてもらってきました。
どこまで育つか未知数だけど、ベストを尽くして育てていきますわーい(嬉しい顔)
ニックネーム ゆうこ at 01:12| Comment(6) | TrackBack(1) | テトラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

参った(>_<)

…ガーデニングしかしない母に(T_T)

彼女は金魚とメダカの区別がつかない。

エビと魚類の区別もつかないかもしれない。

観賞魚水槽の中の生体、すべて金魚に見えるみたい。


---とここまで携帯で打って送信してみて思ったこと。

おさかなを飼わない人たちには、水槽ってそんなふうに映るんだろうな顔(汗)

私や子供たちがお世話になっている病院に、熱帯魚水槽のあるところがいくつかあるのだけど、待ち時間に水槽を眺めに来る親子連れでも、グーラミーを思いっきり「金魚」て呼んでるお母さんいたし・・・がく〜(落胆した顔)

私だって、ガーデニング面は、母はじめとするガーデニング愛好家たちから見たら、もうムズムズするほど無関心の無頓着ふらふら・・・涼しい顔で「これなんて名前?」と聞いたりはしたけれど、私が花の名前を聞くことは、花を愛する母にとっては「花の名前も知らないの(常識ない)?!」と刺激になってしまうみたい。

命あるものには、みんな、名前がある。
おさかなでも、水草でも、陸の草花でも・・・飼い方育て方云々より前に、正しく名前を覚えることから始めたいな。



ニックネーム ゆうこ at 16:41| Comment(8) | TrackBack(3) | アクアリウム全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月01日

グミの木ニュース!!

卒業記念樹の、グミの木です。
guminae1.jpg

添付の説明書には、「苗木は1年間は風雨を避けて大事に育てましょう」と書いてあったので、大雨の夜には玄関に取り込んでいます。

guminae2.jpg
グミの苗木は、下の娘が姉と張り合って、なぜか2本買ったのです。
こちらの苗木は、昨日夫の母と姉が見えた時に、上の娘の中学入学祝いのお返し兼ねて、夫の姉に差し上げました。

グミの成長記録も、時々書いていこうと思います。
よろしくお願いします。



水槽ぷちニュース
ニックネーム ゆうこ at 08:10| Comment(7) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする