2007年03月26日

ゼオライトとエビの不相性の謎

$有害なアンモニア・亜硝酸を素早く無害化!! 水作 バイオ プラス ゼオライト
(画像は参考資料です)

水槽セットして、水草を植えて、お魚を待つ時、「アンモニア生成量を少なくして、お魚たちを長生きさせたい」と願うものです。

ホームセンターや観賞魚屋さんに行くと、ゼオライトが「活性炭を超えるアンモニア吸着力」とか「白濁り、流木のアクとりにも効果」などのキャッチコピーとともに売っています。

どこまでも透明な水に憧れて、ゼオライトを買い、外掛け式フィルターのろ過剤入れ場に入れてみます。
すると・・・

どうも、ヤマトヌマエビが調子悪いもうやだ〜(悲しい顔)

ゼオライトをやめて備長炭に変えてからは、それなりに元気に過ごせているのですが。

横幅15cmの細い水槽に、ゼオライト入り外掛け式フィルターをつけて、ネオンテトラを飼ったことがありますが、彼らはバタバタ死んでいくことはありませんでした。
水槽の置き場所は、2階西側の子供部屋の机の上。3ヵ月ほど机の上で観察しましたが、水草も、ウィローモスやバコパがそこそこに育ちました。
petit_tank.JPG

「使い方次第では関係ない」との飼育日記もあれば、「エビは地獄を見る」なんて日記もあったりして。
まあ、yukoのヤマトヌマエビ飼育実績に関しては、ゼオライト入りろ過剤を使った水槽では、やっぱ調子悪かったです。

今回、株分けした水草や、昨年植え込み(=石などに活着させる)きれなかったミクロソリウムを、30cm水槽で育てることにしたのですが、その水槽のフィルターのろ過剤が、活性炭+ゼオライトです。
そのまま水槽セットにつなげるお魚を入れるか、あくまでタンクメイト的に少し入れるか、そして魚種も大いに迷います。
エビがいると、スネールが未然に防げて最高!!なんだけど・・・

ニックネーム ゆうこ at 01:53| Comment(5) | TrackBack(0) | エビ一族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは!
えびさんですか。
我が家の水槽では短命な生き物ですね。
いままで何度か挑戦したんですけど。
やはり魚たちとの共存は無理みたいでした。
ところで「エビ」は私のところからリンクさせていただいているlove fishのpukuさんが詳しいようです。いちど訪問してみてください。
それから「いつだって いきものがかり」を
お気に入りリンクに入れさせていただきました。
なにか問題あるようでしたらお知らせください。
Posted by トム狂う’s at 2007年03月26日 22:32
トム狂う'sさん

こんばんは。

我が家のヤマトヌマエビは、今回の3匹がたまたま長生きしている・・・と言えると思います。
昨年4月に熱帯魚水槽を立てて初めて入れた生体がヤマトヌマエビ君でしたが、1ヶ月〜3ヶ月おきに見送っては買い付けを繰り返して飼い続けてきました。

それ以外のエビは、アメザリ・・・メダカ水槽跡地に子供から飼って(それも子供がクラスで飼っていたのを引き取ってきて)、誕生から推定2年10ヶ月間生きました。

ビーシュリンプ、体が小さいから「省スペースでいいかも」と思ったのだけど、手持ちの底砂(大磯や珪砂)では不向きと聞いて諦めました猫(泣)
Posted by yuko at 2007年03月27日 01:18
�G�����悪���������@http://www.ero-douga.org/cate.php?c2=54�@���e�����G�����悪�������_�E�����[�h���������@<a href="http://www.ero-douga.org/cate.php?c2=54">���e���������G������</a>
Posted by ���e���������G����� at 2010年08月27日 01:28

おいらのホ一ケイち●ぽでもけっこうヤれるジャン♪

みんなにカワイイとか言われちゃって、ペロペロしてもらってるよ☆

このペースなら月末までに40万は余裕だにゃ〜( ̄▽ ̄)ノ


Posted by きゅーとん at 2010年10月23日 19:54
まだまだ呟いて火傷しちゃった有名人が後を絶たない
Posted by ツイッター at 2012年01月20日 23:00
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/784275

この記事へのトラックバック