2007年06月20日

小学校の「生き物係」事情

---新カテ「生き物飼育小ネタ」です。
ゆうこはパソ開けなくて画像編集が遅れるのが更新遅滞の最大要因なので、写真がなくてもそれなりに楽しめるだろうスレを立てました。

それでは、小ネタ行きますわーい(嬉しい顔)

[パソでご覧の方々へ] 今日はごあいさつがあるので、本文はリンクの向こうに置きました。



下の娘の学級、クラスで飼っている生き物や育てている草花をめぐって、ちょっと小競り合いがあったようです。

彼女によると、
生き物係の人が、責任持って世話をしない---のだとか。

花の水やりはしない、金魚の水替えはグリーンウォーターを全部捨てて水槽丸洗いをした、水替え直後にエサをガンガンあげて死なせた、マシだったのはチョウの幼虫くらい・・・ちっ(怒った顔)


・・・と、昨日の帰宅後、機関銃のようにまくし立てました。

特に、家でペットを飼ったことがなくて、かつ自分の気の向いた時しかペットや植木の世話をしない子が許せないんだとか・・・

「毎年1回は必ず生き物係をやる」と決めていて、立候補しながら最後のじゃんけんで負けてしまった彼女なだけに、担当者がぞんざいな世話の仕方をするのが耐えられないようです。

自分が生き物飼ったことないくせにうんちくたれる級友に、特に頭を痛めています。

最後に、「小学校の先生には、生き物のこと(特に初心者向けな生き物)勉強してほしいな」って彼女は言いました。
でも、私、何となく感じます・・・生き物飼育に興味がない先生方が増えてるかも、と。

子供の年齢が上がれば小動物以外に興味が行く子が増えるから、担任がペット飼育に興味なくても問題ないけど、私は・・・小学生いっぱいは・・・・・・クラスにペットがいるのってすごく面白いと思うなあ。

【生き物飼育小ネタの最新記事】
ニックネーム ゆうこ at 09:36| Comment(10) | TrackBack(2) | 生き物飼育小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私はウチの金魚2匹を娘のクラスに里子に出しました。
まだ1年生と言う事もあったか、子供達は実に素直に優しくお世話してくれたみたいです。 ただ、中には金魚嫌いか水槽を叩いたりする子がいたようで、特に娘は“ウチの金魚だった”愛着もあり悲しんでいました。

少し冷たい考えかも知れませんが、優しい人もいれば乱暴な人もいる…そんな時に自分は何が出来るかな?
と考えるきっかけになれば、と思いました。

娘さんはきっと正義感が強いんですね。
胸を痛める事も多いと思いますが、得る素敵なモノもきっと多いでしょう!
Posted by にゃち at 2007年06月20日 11:49
生き物係の人が責任を持たなければいけないのは当然ですが、生き物係の設立を許可した人、つまり先生も責任を持って対応して欲しいですね、たとえ生き物を飼育することに興味がないとしても・・・。
Posted by となりのスクスク at 2007年06月20日 13:32
緑になった水槽を丸洗い、そして水全換え!
これって学校で良く見る光景ですよね。

子供達は綺麗に水を全部換えるのが、良いと思ってますよ!そして水を換えるペースも係りの子次第!!うちの学校と一緒です(汗)。

学校に水槽はつきものなので、ちょっとした基礎は学ぶと良いですね。

プレゼントの件は自分の好きな画像を用意するのですか???どうすれば良いのだろう・・・。
Posted by のり at 2007年06月20日 14:02
本当は、生き物の世話を責任をもってしない人や、知ったかぶりする人にこそぜひ、生き物を飼うことで得られることを学んでほしいですね

生き物飼育に興味のあった先生は、高校の生物の先生だけでしたから、そういった教育は力を入れてないのでしょうね
Posted by midori at 2007年06月20日 21:20
にゃちさん

こんにちは。
金魚の水槽を叩いてしまう子は、金魚をいじめるより、
「触ることのできるペット(犬、猫、ハムスター、手乗りの小鳥など)」に接する感覚で金魚に接しているのかなあ?

…なんて考えたりします。
「魚は水の外からの刺激が苦手なところが陸生動物と違う」てとこから教えていかないと…そして私も水槽写真撮る時気を付けようf^_^;
Posted by ゆうこ at 2007年06月21日 09:34
スクスクさん

こんにちは。
子供の小学校生活科や理科の教科書の「小動物飼育」らん見ると、乱暴な、見るからに「長生きしそうにない」セットが出ていたりします。

「あり得ない」「お魚かわいそう」と言ってしまえばそれまでだけど、別の見方をすれば、アクアの世界自体が小学校教科書範囲の「その先」だし、特に強い興味を持った人、粗末な装置で良く生かせずリベンジ欲に燃えた人の集う世界…に見えたりします。

小学校の先生方の小動物飼育への興味は個人差大でしょうが、自分が興味ないならせめて人材活用(=生き物飼育に携わる地域の大人の力を借りること)して、子供と生き物の出会いを応援していただきたいものです。
Posted by ゆうこ at 2007年06月21日 09:52
のりさん

こんにちは。
グリーンウォーターの件に限らないけど、アクアリウムをしてる人としてない人とでは、「きれい」の価値観がぜんぜん違うように思います。
グリーンウォーターを全換水する子供(おそらく金魚飼いこんでない子だろうね)にとっては、無色透明な水が「きれいな水」・・・だからバクテリアバランスとかの水質要素を無視して丸洗いができるのかなあ(?_?)

水槽って、ほんと微妙〜〜〜なバランスで成り立ってるもんですね・・・同じ小学校の金魚でも、6年生の教室棟の廊下の金魚(和金)は、砂利と投げ込み式ろ過装置で水草なしだけど、担当学級を決めて代々世話してきてとっても大きくて長寿です。
Posted by ゆうこ at 2007年06月21日 17:05
midoriさん

こんにちは。
正直な話、アクアリウムは、理科です!!
思えば昨年夏休み、息子の自由研究の相談に行った時、担当の先生(理科専攻v)とアクアの話で大の大人が盛り上がりました、「金魚って暑さにも寒さにも強いですね」とか・・・
ご本人が生き物かっていらっしゃらないとしても、明らかに一味違いました。
でも、全部の理科の先生が小動物好きかは、また別問題かも。。。

midoriさんは、生き物好きな生物の先生に会えただけでもラッキーですよ(^o^)
Posted by ゆうこ at 2007年06月21日 17:15
ウチは子供いないので分かりませんが、
ちゃんとお世話できない子は親がそういう事を
子供に伝えてあげれないからなんでしょうね…
先生もまたそうなんでしょうね…
下の子には優しい気持ちを持ったそのままで
いてほしいですね(*´∀`*)
Posted by siam at 2007年06月26日 00:32
siamさん

こんにちは。
私は、お魚を飼うのって、陸上で暮らすペットを飼うのとは全然違うと感じます。

「金魚の食事風景を面白がって大量頻回にエサをあげる子が一番腹立つ(;`皿´)」
…と下の娘は言っていました。

「人間がエサやおやつをあげたりかまって遊べる種のペットがすべてじゃない、遠くからそっと眺めて直接触れちゃいけないペットもいるんだ、観賞魚は後者なんだ」
…て、大量給餌娘に言いたいです(`o´)
Posted by ゆうこ at 2007年06月28日 11:29
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/895425

この記事へのトラックバック

カラフルな模様のリュウキン【金魚の飼い方はむずかしいぃ?】
Excerpt: いつも読んでもらいありがとうございます。金魚の飼い方はむずかしいぃ?です。キャリコデメキンとリュウキンの交配で産まれた品種の「キャリコ」明治時代に、アメリカ人の注文を受けて日本で作られました。当初は、..
Weblog: 金魚の飼い方はむずかしいぃ?
Tracked: 2007-07-17 18:45

金魚の産卵
Excerpt: 毎日、金魚を見ていると、オスがメスを追いかけるようになりますが、 これが産卵の前...
Weblog: 金魚の飼育
Tracked: 2007-08-12 11:25