2007年06月01日

ベタ君、薬浴から復帰!!!

みなさん、応援と祈りとを、ありがとうございます。
betta_0530.jpg

[以下、青ベタ君の代弁です]

先月半ばに、自慢の尾ひれが溶ける災難に遭い、薬浴に出かけていました。
先週は、地元の小学2年生の子供たちが大勢会いに来てくれました。
薬浴槽は玄関先の水槽台の下の段にあったけど、目ざとい子は僕を見つけてくれました。
その頃は、「薬剤除去」という名のリハビリに励んでいて、エサも慣らし程度(外のメダカ水槽の天然プランクトンとか)だったかな。

薬浴に出た魚の中には、生きて帰れないやつもいるとか。
そしてゆうこは、「生きて帰れないとしても仕方ない」と心のどこかで思いながら、僕含めた魚たちを薬浴させるのだとか。

ゆうこんちの子供は、なぜか女の子のほうがお魚好き。
僕が薬浴に出かけた間に、僕の元いた水槽は「リセット」され、おまけにピグミー君たちを連れてきたようだけど、代わりに新居が用意してあった。
shinn_bettakan.jpg
(引越し中の模様)
shinn_bettakan01.jpg
新居、水合わせ中は「狭exclamation&question」と思ったけど、ビニールから出てみたら、木の下にもぐれて結構面白いひらめき
水草がもっと伸びれば、隠れ家が増えて落ち着けそうだ。

あと、新居はガラス越しにピグミー君が見えるから、やつらと目が合えばおのずとフレアリンググッド(上向き矢印)
ピグミーズも、短いひれを目いっぱい全開で応戦むかっ(怒り)
「やつもやっぱりアナバスだな〜」て思った。








ニックネーム ゆうこ at 05:29| Comment(10) | TrackBack(1) | アナバス系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月25日

怪しい時ィ〜〜〜♪

拡大・・・するのは無理なので、接写で撮って考えます。

前にも気になってた「ラミーノーズ」テトラ。
raminose_hatena2.jpg

「ラミーノーズ」か「レッドノーズ」か、はたまた「偽ラミーノーズ」かは、尾ひれの模様しだいみたいです。
この三者、学名だと違いがはっきりするけど、覚えてらんないよふらふら

怪しい時ィ〜〜〜♪ 水草編
ニックネーム ゆうこ at 13:31| Comment(12) | TrackBack(2) | テトラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月18日

アクアリウム5周年記念特別企画(3)〜今年の初挑戦〜

いろんなことが立て続けにあって、頭の中整理しきれないんで、「今年の初挑戦ごと」集をお送りします。

(1)グリーンウォーター
shisuimedaka2.jpg
稚魚が生まれた時に備えて、天然のインフゾリアを用意しようと試みて作ったんだけど、実質は「メダカ止水水槽」・・・
ヒメダカ君10匹ががんばりました。
でも、プラケースじゃなんかオシャレじゃなくて、15cmの細い水槽にしてみたりもしたけど・・・
medakabottle2.jpg
先週、10匹全滅もうやだ〜(悲しい顔)
---と同時に、30cm水槽のぷちビオ(実質は、ホテイアオイ栽培所)に改装されました。
住人?は、ヒメダカ20匹(2代目)と、カワニナ2匹でスタートしました。

(2)薬浴
こっちがホントの初挑戦です。
勉強すること、たっくさん・・・
以下、使用した薬剤と、おさかなリストです:







【ひごペット】魚病薬 イカリムシ症に リフィッシュ 40g【ひごペット】魚病薬 イカリムシ症に リフィッシュ 40g

リフィッシュ
4/13〜約2週間、ブラックネオンテトラと「ラミーノーズ」テトラ各1匹に使用。
ブラックネオン君は5月GWの間に元水槽に復帰しました。
「ラミーノーズ」君は、薬剤除去中に力尽きました。







【ひごペット】魚病薬 松かさ病に エルバージュエース 0.5g×4【ひごペット】魚病薬 松かさ病に エルバージュエース 0.5g×4

エルバージュエース
尾腐れ病、穴開き病にも効く・・・と魚病薬パンフに書いてあったのを見て、5/16から尾ひれが縮んできた青ベタ君に使用開始しました。
長期連用禁忌、と能書きにあるので、今日の水替え時から日なた水を足して少しずつ濃度を薄めています。

薬浴中の青ベタ君を見て、給餌係だった上の娘は、もう一度ベタを飼いたいとは言いませんでした。
「赤ベタ君の飼育日数を超せただけで満足」と言い、でも同時に尾の長いお魚の難しさ(グッピー♂の尾ひれが溶けて真っ白になった亡骸も見てきたし)をしみじみ感じて、「私の部屋では、どの魚なら飼えるんだろう?」って考えているようにも見えます。

あんまり魚病薬は勢ぞろいさせたくないんだけど・・・
最初に薬浴させたお魚が回復したばかりに・・・どこかに淡い期待を寄せてしまいます。
回復できなきゃ、出費はかさむし悲しい亡くなり方だし・・・



ニックネーム ゆうこ at 16:04| Comment(10) | TrackBack(3) | アクアリウム全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月16日

「ラミーノーズ」テトラ

raminose_hatena.jpg
「ラミーノーズ・テトラ」として買ってきた、青コリの住む第2水槽のテトラ君・・・

実は、ラミーノーズじゃないかもしれないんです。
もし、ラミーノーズじゃなかったら・・・

レッドノーズ・テトラ

頭が赤いのはどちらも同じで、ものすごく微妙な違いなんだけど、
「ラミーノーズ」と「レッドノーズ」では、尾ひれの模様が微妙に違うみたいです。
「ラミーノーズ」でも「レッドノーズ」でもない、「偽ラミーノーズ」もいるようだ・・・がく〜(落胆した顔)
詳しくはこことかここに出ています。

うちのは、どっちだろう?
近々、接写で撮って確認したいカメラ
撮れるかなあ?

ニックネーム ゆうこ at 11:17| Comment(12) | TrackBack(0) | テトラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月10日

ベタ館スナップ集

今日で赤ベタ君の飼育記録に並ぶ、青ベタ君。
がんばって撮ったスナップ集です。

beta_and_numaebi.jpg
ヤマトヌマエビ君とにらみ合っています。
2週間前に3匹投入し、今のところ元気です。

beta_and_otoshin.jpg
オトシン君との2ショット。
オトシン君、ベタの鼻先が当たるとまっすぐ泳いで逃げますダッシュ(走り出すさま)
ひれがちょっとかするくらいなら、何とか張り付き続けてるけど。

sokomono_aobeta.jpg
うちのベタ館が、モス付き流木の低いやつとか、背の低い(というか、まだ短い)水草をちょろちょろ植わっているせいか、何だか知らないけれど、当家の青ベタ君は、低層がお気に入りのようです。
夜は流木の後ろ側で寝たり・・・
また、昨日まで木(流木)が黒っぽかったから、光の加減によっては群青色の体が保護色・・・がく〜(落胆した顔)

---撮影は、難しかったです。
水槽の写真を撮る時は、フラッシュは発光禁止に設定して撮るけれど、自分の影とか、周囲のもの(机だの、ベッドだの、玄関の引き戸なんか)の陰を消すのが一苦労・・・


ニックネーム ゆうこ at 04:53| Comment(8) | TrackBack(1) | アナバス系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする