2007年05月08日

リベンジ魚ニュース

4月後半からリベンジ飼育しているのは、次の3種:

魚ベタ

魚白コリ

魚青コリ


前回の飼育記録更新が目前なのは、ベタ君。
aobeta_042007.jpg
4/22にうちにやって来ました。
尾ひれがちと短くなってきてるのが気になるけど、ヤマトヌマエビ&オトシンの豪華スタッフ?とともに、じつに優雅に暮らしています。
ベタ館は2階の西側子ども部屋にあるので、冬はあったかいけど夏は酷暑になります。
おとといの夏日には、水温すでに30℃がく〜(落胆した顔)あわててファンも出しました。
beta_red.JPG
昨年、ボトルで飼った赤ベタ君の飼育日数まで、あと2日。
がんばれ、青ベタ君!!


aokory_2007.jpg
こちらは青コリ君。
体色別に水槽を分けてからは、まるでワキン並みにびゅんびゅん泳ぎます。
4/30に2匹、5/1に4匹増員して、現在6匹。ラミーノーズたちとおそろい?か、灰色&銀色でしぶ〜〜〜〜い水槽を演出してくれてます。

下の娘(小3)いわく、
すごく目が休まる水槽わーい(嬉しい顔)

---だとか。
前の日記で触れた「隻眼くん」も、ハンデを感じさせない泳ぎをしています。
ちなみに今朝方、この水槽ではラミーノーズ君が1匹エビにやられてしまっていた・・・
でも、ラミーノーズたち、3/26にやってきてからまだまだ8/10がんばってます。彼らの色揚げるのは難しいけどね。


そして、残る白コリ君は・・・




「森三中」よ、永遠に・・・!!!

【熱帯魚総合の最新記事】
ニックネーム ゆうこ at 16:22| Comment(8) | TrackBack(0) | 熱帯魚総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月01日

コリずに"コリ"ベンジ…

白いお魚はかわいいけど、どこか目が休まらないm(_ _)m


…との下の娘の言葉が引っ掛かっていた先週。
aokory_2007.jpg
昨日から、「青コリ」のリベンジに入りました。
が、2/5生存の白コリのいるラミーノーズ邸に青コリを2匹加えた時、悲劇は起こりました。

朝水槽を見ると、青コリが1匹、右目を潰されました(ToT)

猛烈に胸がしめつけられました。
魚にとっての身体障害は、生存競争敗北を意味するから…

今いる白コリ「森三中(注:3匹いなくても森三中なの)」は気が荒いなとは思ったけど、彼女たちにやられたのだろうか(∋_∈)それともショップですでに隻眼だったのか?

隻眼の青コリを選別隔離するか、コリ体色別水槽編成にするか…

大いに悩み…

悪い頭を最大限に使い…

2ndtank_may.jpg
青コリを6匹に増員し、その後コリの体色別に水槽を分けました。
「森三中」を他の青コリや赤コリと同居させて、次なる犠牲を見たくなかったから…
オトシン君だって、混泳続けてたら危なかったかも知れません(°□°;)

赤コリ/青コリ混泳で青組先に落ちたよりも悲しいコリ混泳記録となりました。

mizukusa_farm.jpg
現在「森三中」は、ブラックネオン君がリハビリしていた20cm水槽で、底床掃除に勤しむことになりました。

ちょっと気が荒いけど、どこか憎めない「森三中」。
彼女たちだけをジーッと見ると、結構かわいいんですo(^-^)o

体調も体型も、ふしゃふしゃ群れないところも、子供たちがお祭りでゲットしてくる金魚"小赤"を思い起こさせます。

ニックネーム ゆうこ at 22:39| Comment(10) | TrackBack(16) | コリドラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月28日

ブラックウォーターを点ててみる

おとといから昨日かなあ・・・不自然におなかのふくらんだネオンテトラを1匹確認しています。
餌食いは落ちてませんが、ネオン水槽は餌ストップしてみて満腹か抱卵かチェックしようと思います。

「まさか」に備え、ブラックウォーターを点て始めました。
昨日は何か虫が騒いで、100円ショップでピートモスをゲットふくろ、現在"アクア用品用鍋(→注:ありあわせの未使用鍋、使わない時は物置にしまいます)"で夜中ですが怪しく煮沸。
水から弱火でコトコト1時間いい気分(温泉)喫茶店
boiling_peatmoss.jpg
ここを参考に作りました。

ブラックネオン君薬浴リハビリ水槽(下の写真:4/14撮影)は、小さく建て替えて・・・fishicu.jpg

おなかのふくらんだネオンテトラは、今朝は見慣れた姿、おなかも平らでした。
まあ、「空振り」ではあったけど、ある意味ホッとしました。
pHその他のテストをしてないんで・・・
ピートモスを煮込んだところで、お魚の住める水になったわけではないし。

採卵や繁殖に使わなくても、水草のコケ防止や新しく買ったお魚の検疫などに気楽に使っていこう。
ニックネーム ゆうこ at 07:50| Comment(4) | TrackBack(2) | アクアリウム全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月27日

訃報

今朝起きて水槽チェックをしたら、白コリがまた1匹死んでいました。
それも、穴倉(注:セラミックシェルター)の中で・・・
shirokori_in_tunnel.jpg
白コリがもぐってはなめ回して遊び、白コリがやってくる前は特に「強いエビ」のアジト?!だった穴倉で・・・

"穴倉(セラミックシェルター)"を水槽から取り出してみると、アヌビアス・ナナが活着してない!!
輪ゴムで止めてたから落ちずにすんでただけでした。
そしてさらに、内側を水洗いしてビックリがく〜(落胆した顔)tunnnel_inside.jpg
---外装はすべて塗装でした・・・ふらふら
アヌビアス・ナナが活着しないのに、表面は何となく緑に苔生すんです。だから、エビがほじり、コリがなめる・・・
かくれんぼ好きなコリが、さらに内側をつついて塗装をはぐ・・・

ラミーノーズ君には「ほじる」「なめる」習性がないから、大量死を免れている(4/13に病気にかかって隔離した1匹は、4/26に薬液除去中に力尽きました)・・・

もしかすると、エビも同じ理由で落ちたかな?


水槽内の人造アクセサリ(特に彩色済み製品)の恐ろしさを、身を持って学びました。
ブログに記録することで、エビとコリたちの供養に代えますもうやだ〜(悲しい顔)


ニックネーム ゆうこ at 23:05| Comment(2) | TrackBack(1) | コリドラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月25日

デカい(^O^)荒い(>_<)白コリトリオ

白コリトリオです。
…多分メスが最低1匹います。
何か体バカでかいし(^_^)v
腹びれ丸っこいし。
ずんぐりしてて、体長も長い。群れるよりもボテーとたたずんでます。
shirokori_up.jpg
…おととい840円/5匹で迎え入れて、昨日だけで2匹死亡確認、埋葬しました。
2匹の死因は、1匹が「ベストプレイス争奪戦」に敗れて頓死、もう1匹がスポンジフィルターの隙間にはまっての圧死でした(T_T)

…合掌…チーン(;_;)

akakori_up.jpg
ネオンテトラ水槽でふしゃふしゃ群れている赤コリとは、体型も性格も違います。
赤コリ君はスラッとしてて、細長い腹びれ。最低1匹はオスがいます。

上の娘は「白コリは改良品種だから群れない?」なんて考えて、下の娘は「白コリは怖い(-.-;)」と…

私は原種寄りだけど、白コリは少数飼えば1匹でヤマトヌマエビ3匹分くらいコケ掃除を頑張りそうです(^w^)

shirokori_in_tunnel.jpg
アヌビアス・ナナをつけたセラミックのトンネル(「シェルター」の名で売ってました)が、白コリたちには人気の場所みたいですわーい(嬉しい顔)


ニックネーム ゆうこ at 14:46| Comment(5) | TrackBack(0) | コリドラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする